投稿

失敗したら、小石をポッケに入れよう。~財布を失くしました【2】

イメージ
キラキラ光る大阪湾を望むIGTクリニックより
田中 一です。

前回、「日常を丁寧に生きると、賢くなる」とお話ししました。
特に、失敗をとことん味わうこと。
なにか失敗したら、ポケットに小石を入れておき、事あるごとにちらっと触れるのがお勧めです。
これが、"復習"です。

ただ、"復習"ができるあなたになるには、条件があります。
それは、"現実を、事柄を、そのまま見ればいい"「現実を、そのままみる」ことです。
「財布、失くしたなあ…」こんな感じです。
もちろん失敗なのでうれしい事ではありません。
ただ、"よいも悪いもない、単なる出来事"に"しておく"のです。
自分のオリジナルな解釈を、できるだけ、はさまない。ひとつだけの意義付けをしない。意味を固定、限定しない。
特に「めっちゃブルーになるわ。最悪・・・なんでやねん・・・いんけつ・・・」と、思わないことです。

「財布、失くしたなあ・・・(口はポカンと開いている)」くらいにしておくと、不思議に、"身に馴染む"のです。
「やってしまったことは、しゃあないなぁ」って感じです。
例えば財布を落としたことを、「悪いことっ!あほっ!償えっ!ぼけっ!」ととらえてしまうと、極端な話、自分が嫌いになってしまいます。(親御さん、叱る必要はないのですよ)

大切なことは、言い古された言葉ですが、
「起こったことを、いいほうにとらえる」
「失敗から、学ぶ」
そんな事ですよね。

そして、これができる脳を、私は「たくましい」と思うのです。
そのためには、"解釈を入れないこと"が大事なのです。
さらに言えば、「テンションが下がっている私が、今この時点で考えていることは、たぶん間違いだろうなあ」くらいに思っておくといいですよ。
これがつまり、最高の智、"謙虚さ"です。

謙虚な人ほど賢くなる、脳の仕組み このように、失敗をそのままとらえることでわが身に馴染めば、もう復習は出来たも同然です。
「教訓をモノにできた」と言っても過言ではありません。
「復習器に、失敗経験をセットした。後は時間が解決する」みたいな感じです。

「トースターにパンをセットすると、いつの間にか焼きあがってたなあ」
あなたは、い…

失敗と戯れる~財布を失くしました【1】

イメージ
和歌山市 お花見で賑わう和歌山城を望むクリニックより











財布を失くしてしまいました…
(新年度、のっけから暗い話で、すみません…)

4月1日、
初めて行った、USJで…

朝7時半からゲートに並び、
家族や、東京から来たいとこ一家と楽しく過ごした一日。

最後に19時からの「ハリー・ポッター」に行くばかりの時、
トイレに財布を置き忘れ、
気づいて戻った時には・・・ありませんでした。

家族との遊園地なので、
お金も、まあまあ持ってきていました。

仕方ないですね。
カード会社の方に電話し、
「不正使用はありませんでした。
大変な時に、お電話をいただき、ありがとうございます」と、
優しく慰められ…

つくつく、思ったことでした。
「凡人なんだから、失敗から学ばないと」
と言うことは、

花、ひらく時

イメージ
熊野古道 「霧の郷たかはら」にて          2017年3月31日 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(写真:伏拝王子跡の枝垂れ桜)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
田中 一です。

休みをいただいて、熊野古道を歩いてきました。

熊野本宮大社まで、整備したてのステップワゴンで走りました。
14万キロを超えましたが、「まだまだいけますよ!」
頼もしい松本モータースのお父さんのお墨付きを得て、安心のドライブです。

熊野川沿いの桜並木は、朝10時の時点では、ちらほら咲きでした。
ピンクの咲いた花は申し訳程度で、
紅色をのぞかせたつぼみが、
枝にたくさんついている、といった風情でした。
「暖かな紀南でも、桜はまだなんだなあ・・・」
何気なく、通り過ぎました。

幸い、穏やかな陽気に恵まれ、
寄り道しながら、古道を気持ちよく歩いた帰り道。
3時ごろ、同じ国道168号線を通ると・・・

致命的な欠点は、たった一つ。

2016年11月27日 

致命的な欠点は、たった一つ。


冷たい雨が降る和歌山市より

こんにちは。田中 一 です。


ほとんどすべての事柄は、
後に、プラスにできうる。
「あのつらかった経験のおかげで、今の私がある」と、言える。
「経験を糧に、進化できる」ことが、「正常、健康」とほぼ同義である。

健康な人でも、病気になることはある。
「不健康」とは、「病気になること」ではなく、
「治りにくいこと」であると、わかっておこう。
「治る」とは、「変わる」ことである。

「ああ、そうなんだ」と思えたあなたは、たとえ今病気を抱えていても、健康だ。
治る可能性が、高い。

病気を含め、自分の「内部に今ある弱点、欠点」は、
それだけを慰撫、修正していけばよい。
それだけで、自分自身がどんどん丈夫にたくましく進化できるのだから、
弱点、欠点がわかることは、素晴らしいことである。間違いなく。
骨折部位は、癒えれば太くなっている。
自分で慰撫、修正できないときは、

自分でするしかない、たったひとつのこと

2016年7月22日
自分でするしかない、たったひとつのこと

和歌山市 七夕の笹をようやく庭に出した自宅より

おはようございます。
田中 一 です。

よく晴れた、夏の朝です。

毎日、仕事をしていると、つくづく、
「自分ひとりの力でできることって、たかが知れているな」
と感じます。
仕事に限らず、生活のすべてが、そうです。

毎朝、冷凍の青汁をいただきますが、
有機農家さんと、遠藤青汁さんと、配送業者さんと、
電力を作ってくださっている方のおかげで動く冷蔵庫で冷凍していた青汁を、
ガスを配管してくださった方のおかげで浴びられるシャワーを浴びながらとかして、
飲めるわけです。
もちろん、ケールが育つのは、自然の力があってこそです。

無限の「おかげ」の上で、今を生きている。

ではせめて、
『「自分がすべきこと」は、何か』
いや、違う、