投稿

4月, 2017の投稿を表示しています

失敗したら、小石をポッケに入れよう。~財布を失くしました【2】

イメージ
キラキラ光る大阪湾を望むIGTクリニックより
田中 一です。

前回、「日常を丁寧に生きると、賢くなる」とお話ししました。
特に、失敗をとことん味わうこと。
なにか失敗したら、ポケットに小石を入れておき、事あるごとにちらっと触れるのがお勧めです。
これが、"復習"です。

ただ、"復習"ができるあなたになるには、条件があります。
それは、"現実を、事柄を、そのまま見ればいい"「現実を、そのままみる」ことです。
「財布、失くしたなあ…」こんな感じです。
もちろん失敗なのでうれしい事ではありません。
ただ、"よいも悪いもない、単なる出来事"に"しておく"のです。
自分のオリジナルな解釈を、できるだけ、はさまない。ひとつだけの意義付けをしない。意味を固定、限定しない。
特に「めっちゃブルーになるわ。最悪・・・なんでやねん・・・いんけつ・・・」と、思わないことです。

「財布、失くしたなあ・・・(口はポカンと開いている)」くらいにしておくと、不思議に、"身に馴染む"のです。
「やってしまったことは、しゃあないなぁ」って感じです。
例えば財布を落としたことを、「悪いことっ!あほっ!償えっ!ぼけっ!」ととらえてしまうと、極端な話、自分が嫌いになってしまいます。(親御さん、叱る必要はないのですよ)

大切なことは、言い古された言葉ですが、
「起こったことを、いいほうにとらえる」
「失敗から、学ぶ」
そんな事ですよね。

そして、これができる脳を、私は「たくましい」と思うのです。
そのためには、"解釈を入れないこと"が大事なのです。
さらに言えば、「テンションが下がっている私が、今この時点で考えていることは、たぶん間違いだろうなあ」くらいに思っておくといいですよ。
これがつまり、最高の智、"謙虚さ"です。

謙虚な人ほど賢くなる、脳の仕組み このように、失敗をそのままとらえることでわが身に馴染めば、もう復習は出来たも同然です。
「教訓をモノにできた」と言っても過言ではありません。
「復習器に、失敗経験をセットした。後は時間が解決する」みたいな感じです。

「トースターにパンをセットすると、いつの間にか焼きあがってたなあ」
あなたは、い…

失敗と戯れる~財布を失くしました【1】

イメージ
和歌山市 お花見で賑わう和歌山城を望むクリニックより











財布を失くしてしまいました…
(新年度、のっけから暗い話で、すみません…)

4月1日、
初めて行った、USJで…

朝7時半からゲートに並び、
家族や、東京から来たいとこ一家と楽しく過ごした一日。

最後に19時からの「ハリー・ポッター」に行くばかりの時、
トイレに財布を置き忘れ、
気づいて戻った時には・・・ありませんでした。

家族との遊園地なので、
お金も、まあまあ持ってきていました。

仕方ないですね。
カード会社の方に電話し、
「不正使用はありませんでした。
大変な時に、お電話をいただき、ありがとうございます」と、
優しく慰められ…

つくつく、思ったことでした。
「凡人なんだから、失敗から学ばないと」
と言うことは、