失敗と戯れる~財布を失くしました【1】

和歌山市 お花見で賑わう和歌山城を望むクリニックより











財布を失くしてしまいました…

(新年度、のっけから暗い話で、すみません…)

 

41日、

初めて行った、USJで…

 

朝7時半からゲートに並び、

家族や、東京から来たいとこ一家と楽しく過ごした一日。

 

最後に19時からの「ハリー・ポッター」に行くばかりの時、

トイレに財布を置き忘れ、

気づいて戻った時には・・・ありませんでした。

 

家族との遊園地なので、

お金も、まあまあ持ってきていました。

 

仕方ないですね。

カード会社の方に電話し、

「不正使用はありませんでした。

大変な時に、お電話をいただき、ありがとうございます」と、

優しく慰められ…

 

つくつく、思ったことでした。

「凡人なんだから、失敗から学ばないと」

 

と言うことは、


失敗すればするほど、賢くなれる、ってことか?


それなら、今回の大失敗を、とことん味わい尽くしてやろうじゃないか!


どうぞ、お付き合いください。

(人の不幸は、蜜の味!)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


お金への注意が、甘くなっていたのでしょう。

遣い方も、あらくなっていたのでしょう。


神様が、

それを教えてくれた。


旅行や遊園地は、


一番お金を


「使ってしまう」


ところ。


 


そこで、


お財布を失くしたことに、


意味がある。


USJさんは悪くないです!)


 


失敗から、


何通り、


どれだけ広く深く、


学べるか。


 


 


これが、


賢さなのでしょう。


 


自分の欠点を、


何通り、どこまで深く、浮き彫りにできるか。


我を知る。


何通りも、根深い欠点が浮き彫りにできれば、


謙虚にならざるを得ない。


 


 


また、


何通りも、深い欠点が浮き彫りにできて、


これを丁寧に埋めて行くならば、


優先順位をつけざるを得ない。


 


これで、


さらに賢くなれる。


 


 


このように、


失敗を、


しっかり味わうことが、


賢くなる最短コースである。


 


 


日常を、


丁寧に生きる。


 


特別なことは、しなくても、賢くなれる!


ああよかった。


 


次回はさらに、失敗を掘り下げます。


 


つらいけれど・・・(涙)





コメント

このブログの人気の投稿

失敗したら、小石をポッケに入れよう。~財布を失くしました【2】

致命的な欠点は、たった一つ。

自分でするしかない、たったひとつのこと