失敗したら、小石をポッケに入れよう。~財布を失くしました【2】



キラキラ光る大阪湾を望むIGTクリニックより
田中 一です。

前回、「日常を丁寧に生きると、賢くなる」とお話ししました。
特に、失敗をとことん味わうこと。
なにか失敗したら、ポケットに小石を入れておき、事あるごとにちらっと触れるのがお勧めです。
これが、"復習"です。

ただ、"復習"ができるあなたになるには、条件があります。
それは、"現実を、事柄を、そのまま見ればいい"「現実を、そのままみる」ことです。
「財布、失くしたなあ…」こんな感じです。
もちろん失敗なのでうれしい事ではありません。
ただ、"よいも悪いもない、単なる出来事"に"しておく"のです。
自分のオリジナルな解釈を、できるだけ、はさまない。ひとつだけの意義付けをしない。意味を固定、限定しない。
特に「めっちゃブルーになるわ。最悪・・・なんでやねん・・・いんけつ・・・」と、思わないことです。

「財布、失くしたなあ・・・(口はポカンと開いている)」くらいにしておくと、不思議に、"身に馴染む"のです。
「やってしまったことは、しゃあないなぁ」って感じです。
例えば財布を落としたことを、「悪いことっ!あほっ!償えっ!ぼけっ!」ととらえてしまうと、極端な話、自分が嫌いになってしまいます。(親御さん、叱る必要はないのですよ)

大切なことは、言い古された言葉ですが、
「起こったことを、いいほうにとらえる」
「失敗から、学ぶ」
そんな事ですよね。

そして、これができる脳を、私は「たくましい」と思うのです。
そのためには、"解釈を入れないこと"が大事なのです。
さらに言えば、「テンションが下がっている私が、今この時点で考えていることは、たぶん間違いだろうなあ」くらいに思っておくといいですよ。
これがつまり、最高の智、"謙虚さ"です。

謙虚な人ほど賢くなる、脳の仕組み

このように、失敗をそのままとらえることでわが身に馴染めば、もう復習は出来たも同然です。
「教訓をモノにできた」と言っても過言ではありません。
「復習器に、失敗経験をセットした。後は時間が解決する」みたいな感じです。

「トースターにパンをセットすると、いつの間にか焼きあがってたなあ」
あなたは、いつの間にか解決法を自然に身に着けています。
つまり、賢くなっています。
この時、トースターじゃなかった…、脳では、"失敗した私"が、あれをちょいちょい思い出し、当分、気を付けるだけで、意識せずとも、「再度、同じ失敗をしないようにするためには、どうすべきか」を、考えているからです。
ポケットに手を入れるたびに、失敗を思い出して、「ああ、気をつけなきゃ」と思うだけで充分なのです。

脳は、便利にできていますので、うまく使ってやってください。
基本的には「任せる」のがおすすめです。あなたの脳に。

この"その後折に触れ意識せずとも、考えている"ことが、脳の使い方として、"きわめて効率が良い"のです。
"集中して考える"ことは、実は視野狭窄に陥りやすく、かつ脳の消費エネルギーが莫大になる、オーバーヒートになりやすいうえに、燃費が悪い脳の使い方です。
あまり賢い使い方とは言えません。
自動車を、買い替えできず、生涯たった一台しか持てないとしたら、
その車でサーキットに出ようとは、あなたは思わないでしょう?

実は、「集中して考える」ことは、他人、周囲から与えられる課題の解決には、向きません。
"広く浅く、総合的に、何でもいいから失敗を避けるのに役立つ、あらゆる手立てを思いついて、統合する"といった脳の使い方とは、まったく異なるのです。
数学の大発見などは、実は、"気になっているまま、何か別のことをしているときに、パッと閃いたりしたものだ"という逸話を、あなたも耳にしたことがおありでしょう。

"ふわっと課題にしておいて、あとは脳にお任せ"ができる人は、立派な人になります。
本当の意味で、賢い人です。
「生きていけばいくほど、賢くなっていける」のです。
せっぱつまらない。焦らない。でも忘れているわけではない。
これが、「丁寧に生きる」ことです。
「失敗を味わい、モノにする」ことです。
最も大切なことが、スタートです。
失敗をそのまますぐに、トースターにセットする
つまり"ちゃんと課題にする"ことです。
小石をポッケに入れて、持ち歩くのです。
ここで、"目を背ける・なかったことにする"と、過ちを繰り返します。
"学習能力がない、○○"になっちゃうのです。
そして、この脳の使い方が、あなたの人生を圧倒的に有利にしてくれる最大のポイントは、"寝ている間に処理が進む"ことです。
「そら、かしこなるわ」でしょう?


それ解けなきゃ、死ぬか?

"すぐ解けなきゃ死んでしまう"問題以外は、たいていこれで片が付きます。
そして、すぐ解けなきゃ死んでしまうような問題は、そうそう身に降りかかるものではありません。


ハイパー社会人は、失敗と戯れるのが好き。

"失敗したことを、ふわっと課題にして、多面的に脳に考えさせておく方法"は、別の表現をすると、"1回の失敗から何通りも広く深く学ぶ事"になります。
これが、社会人として、決定的に有利な脳の使い方です。
つまり、他人様との共通する考えを得やすくなるのです。
"人の考え、皆違う"ので、ある問題に対し、多面的に"いじり回して"いると、他の誰かが思っていたことと、重なることが増えます。
「そうそう、それ、私も思ってた」って感じです。
"人の考え、皆違う"大人の世界で、共通の考えを持った人と出会うと、幸せを実感できます。
「公の視点」をもって、判断できるようになっていくことが、これからの日本人の課題である
あるセミナーで聞いたお話です。
その通りだと思います。
「公の視点」とは、結局は"己の想像力の幅広さ"、"制限のなさ"から始まります。
"思い込み、頑固さ"の逆です。
その意味では、妄想癖のある人は、「公の視点」に至りやすいかもしれない、と思います。

想像力の幅広さ。
それを得る最短コースは…普段から、身の回りのことについて「ああそうか」と言い慣れることです。
現実の受容。あるがまま。
その逆は「なんでやろ」「そんなはずはない」です。
これが口癖になっているあなた、ヤバいですよ。
"病気になったら、治らない人"です。
今のうちに修正なさってください。
修正法は、これです。「まあええかぁ、しゃあないなぁ」

現実をそのまま見ることは、”復習でき、日常で賢くなっていける”必要条件ではありますが、現実では、これだけでは足りないことに、あなたはお気づきでしょう。

うれしくない現実を、そのまま受け入れたときに起こる悲しみ、辛さ、迷い悩み…これに対する手当てが、必要です。
「まあええかぁ」「しゃあないなぁ」これを身に馴染ませることです。
これを口にし、失敗の後、なるべく早く「マイナスを最小化する」ことが必要です。
神道では、これを「祓い」と呼びます。
これで、負の感情を最小化するのです。
これで、たくましい脳が手に入りました。
ああよかった。

コメント

このブログの人気の投稿

致命的な欠点は、たった一つ。

自分でするしかない、たったひとつのこと