花、ひらく時


熊野古道 「霧の郷たかはら」にて          2017年3月31日
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

             

(写真:伏拝王子跡の枝垂れ桜)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

田中 一です。

 

休みをいただいて、熊野古道を歩いてきました。

 

熊野本宮大社まで、整備したてのステップワゴンで走りました。

14万キロを超えましたが、「まだまだいけますよ!」

頼もしい松本モータースのお父さんのお墨付きを得て、安心のドライブです。

 

熊野川沿いの桜並木は、朝10時の時点では、ちらほら咲きでした。

ピンクの咲いた花は申し訳程度で、

紅色をのぞかせたつぼみが、

枝にたくさんついている、といった風情でした。

「暖かな紀南でも、桜はまだなんだなあ・・・」

何気なく、通り過ぎました。

 

幸い、穏やかな陽気に恵まれ、

寄り道しながら、古道を気持ちよく歩いた帰り道。

3時ごろ、同じ国道168号線を通ると・・・

 

「え?」

 

ものすごく、咲いていました。

うれしくなりました。

 

変わるって、素敵です。

 

変わる時まで、急がなくていいですね。

 

 

年度末ですね。

皆さん、それぞれの思いを抱きながら過ごされるであろう、区切りの日。

 

今日もよい一日でありますように。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

今日331日は、私にとっては、

ある雑誌の依頼原稿の締め切り日です(汗)

 

がんの、さまざまな治療法に関する特集号です。

「食事療法」の欄を担当します。

発売日が決まったら、お知らせさせていただきますね。

 

コメント

このブログの人気の投稿

失敗したら、小石をポッケに入れよう。~財布を失くしました【2】

致命的な欠点は、たった一つ。

自分でするしかない、たったひとつのこと